KFM

 

 

小島健輔 イメージ

流通・ファッションビジネスコンサルタント
株式会社 小島ファッションマーケティング
代表者:小島 健輔(こじま けんすけ)
※小島のFACEBOOKはこちら
※KFMのFACEBOOKはこちら

小島健輔のブログ

小島健輔の言いたい放題

 国内消費が低迷する中、降って湧いたような‘爆買い’に前のめる百貨店などギョーカイの熱狂ぶりに、香港や韓国の満ち引きの経緯を知るだけに『訪日外国人消費は水物だから‘棚ぼた’と見なければいけない』と幾度も兆候データを添えて警告して来たが、とうとう引き潮の...

小島健輔の提言

論文

 

販売革新2016年5月号掲載
『空港型免税店でどう変わる? インバウンド消費のこれから』
 
 アベノミクス以降の円安で訪日外国人が急増し、中国人観光客を中心とした‘爆買い’が過熱して冷え込む一方の国内消費を補うという‘棚ぼた’の恩恵に流通業界は救われた感があるが、果たして‘爆買い’の勢いは何時まで続くのだろうか。空港型免税店の相次ぐ市中進出や越境ECの急拡大は訪日外国人の市中消費にどう影響するのだろうか。・・・・・

詳しくはこちらから


販売革新2016年5月号掲載
『三越銀座店「JAPAN DutyFree GINZA」VS.銀座東急プラザ「ロッテ免税店」』
 
 1月27日に三越銀座店8Fに開業した「JAPAN DutyFree GINZA」(以下JDFと略す)に続き3月31日には銀座東急プラザ8〜9Fに「ロッテ免税店」が開業し、インバウンド消費の主役は市中免税店(TaxFree)から空港型免税店(DutyFree)へ移行するのかと注目されているが、この両者の実力をどう見るべきだろうか。・・・・・

詳しくはこちらから


 

最新論文のバックナンバーはこちらから

 

 

 

公開セミナー

流通・ファッションビジネスコンサルタント 
小島健輔が半日講習

SPAC

SPACとは小島健輔が主催する業界唯一の実務情報交流型経営研究会です。

SPAC会場

次回研究会のご案内

 第341回SPAC研究会の内容が決まりましたので御案内申し上げます。
 ファッション消費が冷え込む中、様々に新業態を開発しても期待するような効率を得られず、コストやロスを転嫁して調達原価率を切り下げれば顧客の離反は避けられず、店舗販売はかつてない壁に当たっています。その一方、ECを起点にネットマーケティングを駆使して急速なブランディングを果たし、店舗もオムニチャネルの一販路と割り切って売上を伸ばす工場直結のファッションベンチャー(「FDOR」と定義したい)が次々と台頭しています。そんな現実を直視するなら、商品やブランドといった‘コンテンツ’と流通・販売方法という‘プラットフォーム’は分けて考えるべきでしょう。
 斬新なオムニチャネル・プラットフォームに乗せて爆発的に市場を創造するFDORのビジネスモデルは8月開催のビッグコンベンションに譲るとして、今回のSPAC研究会は『有望マーケットポジションとパワーコンセプトを探る』をテーマに、店舗販売の混乱の中で見えなくなっている有望マーケット/有望コンセプトを探りたいと思います。   新ブランドも加えて3,200ブランドを網羅した『16SSブランドツリー』(レディス版/メンズ版)に基づくマーケット構造の解説に加え、WWDジャパンの松下久美様、ファッションジャーナリストの宮田理江様、山中コンサルティングオフィスの山中健様をお招きしてグローバル/ローカル両面の視点からマーケット変化を伺う予定です。メンバーはもちろん商品系、営業系の幹部や事業責任者の御出席をお待ちしております。
※「FDOR」・・・・ FactoryDirect Omnichannel Retailer の略で小島の造語です。

S P A C 研 究 会
事務局長 小島 健輔

———-テーマ———-

「有望マーケットポジションとパワーコンセプトを探る」

———-日 時———- 

6月29日(水)PM1:30〜4:20

———-会 場———- 

原宿東郷記念館  3F  オランジェール

入会のご案内

 ブランディングとマーチャンダイジング&リテイリングの技術革新を目指すファッションビジネスまたは関連ビジネスで、事務局が適切と認めた企業が参加できます。企業または事業部単位に加盟し、代表者ないし実務トップ/上級戦略スタッフ1名をクラブメンバーとして登録します。クラブメンバーはクラブの運営に積極的に参加するとともに、毎月のテーマに応じて社内の適者を選定してビジターとして例会に同伴します(選択的参加も可)。

最新マーケットトレンド

2016年5月末の店頭からゾーン別注目ルックの
一部をご紹介。NEW!!

 ※SPACレポートでは毎月レディス16ゾーン/約40〜46体、メンズ13ゾーン/約20〜24体、計70体前後のスタイリングをウェアリング/カラー/ディティール/アイテム別MD展開などの解説と共にビジュアルで提供します。

trends1605

 詳しくはこちらから

会社概要

当サイト運営 流通・ファッションビジネスコンサルタント会社

株式会社小島ファッションマーケティングの概要

KFM

 数字だけでなくリアルな現場検証を重ねて実務を体系的に革新する一方、中長期の環境変化に対応するドメイン戦略と収益構造を展望し、マーケットと調達背景を繋いで新たな市場と高収益体質を獲得するビジネスモデルを創造していく、それが私達“ビジネス・エンジニア”の使命です。その原点は顧客と現場の実態に立脚した実証主義であり、決して仮説やイデオロギーに流されることはありません。どんなPDCAプラットフォームにも成功体験にも連作障害と賞味期限が避けられないという現実を直視し、マーケット/競争環境/調達背景の三面を睨んで環境変化に対応する業務プロセスとビジネスモデルの革新を適時に提案して行きます。
 売場の営業的再構築指導や商品計画・調達の実務指導といったオンタイムな業務から、先を見た出店戦略や調達〜ロジスティクス体制再構築、中長期の環境変化に適応するビジネスモデル設計や業態開発まで、MD/VMDのみならずオムニチャネルなリテイル・オペレーションやロジスティックス、組織、財務まで、クライアントの規模や経営状態、マネジメント風土など実情を直視して柔軟かつ体系的にサポートします。

サービス概要

  • SPAC研究会の運営
  • 最新のマーケット情報や新設商業施設の売上予測など実務情報から戦略提案までタイムリーに提供
  • 店頭クリニック
  • 教育研修
  • 業態再生/新業態開発
  • 商業施設の診断/リモデル企画
  • 新設商業施設の構成企画

スタッフ募集

MD/バイヤー/商品企画等の経験がある方キャリアアップのチャンスです。
■レディス担当アシスタントコーディネーター(又はインターン)

お問い合わせ

株式会社小島ファッションマーケティング
事務局マネージャー 担当:深野
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4 -18−7−101
TEL:(03)3403-8233
FAX:(03)3403-8237
メール:kfm@fashion-net.com
URL:http://www.fashion-net.com