KFM

 

 

小島健輔 イメージ

流通・ファッションビジネスコンサルタント
株式会社 小島ファッションマーケティング
代表者:小島 健輔(こじま けんすけ)

小島健輔のブログ

小島健輔の言いたい放題

 昨夕開催したSPACビッグコンベンションでの鹿島さん(デイトナ・インターナショナル)と谷さん(STUDIOUS)のパネルは、谷さんの入社時からの突出した志や創業時の秘話など、おおっ!と惹き込まれるお話の連続で会場はかつてないほどの熱気に包まれました。やはり志...

小島健輔の提言

論文

ファッション販売2016年2月号掲載
『2016年のファッション業界を読む6つのキーワード』NEW!!

FA1602-1 20年も続いたデフレから円安インフレに転じて二年が過ぎ、ファッション業界はかつてない激動に直面している。ブランド雑貨や化粧品などが束の間のインバウンド特需に沸く一方、調達コスト増を売価に転嫁すれば顧客が離反し、急成長するECに圧されてコストで太刀打ち出来ない店舗販売が行き詰まる中、16年はファストファッション上陸の08年9月来のグローバル&モード化からの逆転劇やデフレの…
続きはこちら



WWD JAPAN 2016年1月11日号掲載

2015年秋商戦(8~10月)全国有力100SC・百貨店のブランド販売動向
「インバウンド減速とローカル回帰の変調」NEW!!

160111WWD

 

公開セミナー

流通・ファッションビジネスコンサルタント 
小島健輔が半日講習

2015秋期公開セミナーは終了致しました。

SPAC

SPACとは小島健輔が主催する業界唯一の実務情報交流型経営研究会です。

kaijou-2

※好評のうちに終了致しました。
BC-title-2

御案内

『時空と世代を超えて』
谷&鹿島

 コスト転嫁の値上げで顧客が離反し、浮ついた仕掛けのメッキも次々に剥げて商品の本質的バリューが問われる中、生産・調達から販売・消化まで軸を通して抜本的に効率化するMDのアーキテクチャー(建築的設計)確立が急がれます。また、店舗運営コストと在庫の偏在が収益を圧迫する中、低コストで成長も期待出来るECの拡大に加え、EC軸の物流で店舗在庫を圧縮し全社の在庫効率を飛躍的に改善するオムニチャネル・ロジスティクスも危急の課題と思われます。
 そんな転換期に直面する今、現場のオペレーションから中長期のドメイン戦略や収益構造戦略まで一貫する経営理念(principle)が経営層から現場まで世代を超えて浸透するなら、パワーとガバナンスが両立して継続的な成長が約束されるでしょう。企業の長期的成長には時流への機敏な対応の一方、『世代を超えて浸透する経営理念』『世代を超えて承継する技術・見識』が不可欠なのです。そんな想いで開催する今回のニューイヤーコンベンションは『時空と世代を超えて』をテーマに、環境変化への抜本的革新と変らぬ理念・技術・見識の承継を提じたいと存じます。
 当日は小島健輔の基調政策提言に続き、15年9月に東証マザーズに上場した株式会社STUDIOUSの代表取締役CEO 谷 正人様、その成長を見守り自らも着実に成長する株式会社デイトナ・インターナショナルの代表取締役社長 鹿島 研様のお二人をお招きし、両社の発展の経緯と世代を超えた経営理念や技術・見識の承継について貴重なお話を伺います。

2015年12月吉日
S P A C 研 究 会
事務局長 小島 健輔

———-メインテーマ———-

「時空と世代を超えて」

———-日 時———- 

2016年2月4日(木)

 ・コンベンション PM4:00〜6:30
 ・懇親パーティ  PM6:40〜8:00

———-会 場———- 

原宿東郷記念館 

・コンベンション 3F オランジェール
・懇親パーティ  2F ケンジントン

入会のご案内

 ブランディングとマーチャンダイジング&リテイリングの技術革新を目指すファッションビジネスまたは関連ビジネスで、事務局が適切と認めた企業が参加できます。企業または事業部単位に加盟し、代表者ないし実務トップ/上級戦略スタッフ1名をクラブメンバーとして登録します。クラブメンバーはクラブの運営に積極的に参加するとともに、毎月のテーマに応じて社内の適者を選定してビジターとして例会に同伴します(選択的参加も可)。

最新マーケットトレンド

2016年1月末の店頭からゾーン別注目ルックの
一部をご紹介。NEW!!

 ※SPACレポートでは毎月レディス16ゾーン/約40〜46体、メンズ13ゾーン/約20〜24体、計70体前後のスタイリングをウェアリング/カラー/ディティール/アイテム別MD展開などの解説と共にビジュアルで提供します。

trends1601tj

会社概要

当サイト運営 流通・ファッションビジネスコンサルタント会社

株式会社小島ファッションマーケティングの概要

KFM

 数字だけでなくリアルな現場検証を重ねて実務を体系的に革新する一方、中長期の環境変化に対応するドメイン戦略と収益構造を展望し、マーケットと調達背景を繋いで新たな市場と高収益体質を獲得するビジネスモデルを創造していく、それが私達“ビジネス・エンジニア”の使命です。その原点は顧客と現場の実態に立脚した実証主義であり、決して仮説やイデオロギーに流されることはありません。どんなPDCAプラットフォームにも成功体験にも連作障害と賞味期限が避けられないという現実を直視し、マーケット/競争環境/調達背景の三面を睨んで環境変化に対応する業務プロセスとビジネスモデルの革新を適時に提案して行きます。
 売場の営業的再構築指導や商品計画・調達の実務指導といったオンタイムな業務から、先を見た出店戦略や調達〜ロジスティクス体制再構築、中長期の環境変化に適応するビジネスモデル設計や業態開発まで、MD/VMDのみならずオムニチャネルなリテイル・オペレーションやロジスティックス、組織、財務まで、クライアントの規模や経営状態、マネジメント風土など実情を直視して柔軟かつ体系的にサポートします。

サービス概要

  • SPAC研究会の運営
  • 最新のマーケット情報や新設商業施設の売上予測など実務情報から戦略提案までタイムリーに提供
  • 店頭クリニック
  • 教育研修
  • 業態再生/新業態開発
  • 商業施設の診断/リモデル企画
  • 新設商業施設の構成企画

スタッフ募集

MD/バイヤー/商品企画等の経験がある方キャリアアップのチャンスです。
■レディス担当アシスタントコーディネーター(又はインターン)

お問い合わせ

株式会社小島ファッションマーケティング
事務局マネージャー 担当:深野
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4 -18−7−101
TEL:(03)3403-8233
FAX:(03)3403-8237
メール:kfm@fashion-net.com
URL:http://www.fashion-net.com